2005年04月30日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 28話「残る命散る命」

また始まった地球連合、オーブ軍VSミネルバの戦いなんだが…
ああっ。オーブ運のMSが蚊トンボのように堕ちて行く。・゚・(ノД`)・゚・
そんな中、『馬場一尉』のMSがかなり気合入っちゃってます。
集団で攻撃してなんとレイのMSに被弾を!大金星です!

さらに馬場一尉は、なんと今度はミネルバの艦橋へロックオン!
おいおい!馬場一尉、大活躍じゃないか!!

その瞬間、フリーダム、アークエンジェル一行の登場。
また意味なく戦闘をやめさせようとするアークエンジェル一行に…
シンの種割れキタ━(゚∀゚)━!!!
なんと!キラの攻撃を避けたー!
さらにアビスをシャベリンで…アウル、アボーン!・゚・(ノД`)・゚・さよならアウル。

大活躍の馬場1尉は一応オーブ代表のカガリを無視してミネルバへ特攻。
馬場一尉・゚・(ノД`)・゚・あなたはよくがんばった!

キラとアスランは、戦闘中に口げんかばっかりです。そして結局2人は決裂。
キラの種割れキタ━(゚∀゚)━!!!
アスランのセイバーを瞬殺!フリーダム強すぎです。

seeddes0004.JPG

シンは鬼神のごとくオーブ艦を攻撃。トダカ一佐はオーブを守る為、
タケミカズチと共に自沈。
トダカ一佐・゚・(ノД`)・゚・助けたシンに真っ二つにされてしまいました…


blogランキング参加中です。よかったら押してみてください。→人気blogランキング
posted by 室長 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(7) | その他アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3236834

この記事へのトラックバック

SEED DESTINY 28話
Excerpt: 最近、気になっていた恋の行方がたった一言で終わってしまってたり、今日の話のタイトルで誰が散るのかを予想している全国のS−Dファンの皆様早速感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-04-30 22:43

第28話「残る命散る命」
Excerpt: オーブ軍と地球連合に待ち伏せされたミネルバは、地形を生かした挟撃の前に苦戦する。頼みのインパルス・セイバーはカオス・アビスとの戦闘中であり、艦を守ることができない。 そんな中、アスランはやはり迷っ..
Weblog: 機動戦士銃自由種運命
Tracked: 2005-05-01 00:07

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28
Excerpt: PHASE-28 「残る命散る命」  サブタイトルの通り、亡くなる方が・・・(TT 出番が増えたり、セリフが多いキャラは逝く運命なのですね・・・ オーブと連合の大部隊の前に傷だらけのミネ..
Weblog: + SERAらく日記 +
Tracked: 2005-05-01 01:53

機動戦士ガンダムSEED Destiny PHASE-28 残る命 散る命
Excerpt: サブタイトルの通り.今回は全編戦闘シーンで,悲壮感漂っています.怒濤の展開で見どころ満載です.君は生き延びることができるか?(キャプチャーは話の流れに必ずしも沿っていません.話の流れは,so far ..
Weblog: ねこにこばん
Tracked: 2005-05-01 02:07

機動戦士ガンダムSEED DESTINY #28 「残る命散る命」
Excerpt: 予定通りなら友人の家で見るはずが、急な仕事が入ってしまった為、自宅で見ることに。今回は、ガンガンフラグが立ったので割と面白かったです。お出かけまで時間があるので、さっさと感想を書きます。放送後というの..
Weblog: 師匠の不定期日記
Tracked: 2005-05-01 10:34

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第28話 「残る命散る命」
Excerpt:  シン、ついにヒール転向! 未だかつてこれだけ凶悪なガンダムを見たことがあるか? 後継機発表への布石、MS在庫一掃処分の30分。 主役の座を下ろされた悲しみと怒り、とくと思い知れ!!  シ..
Weblog: 吠刀光
Tracked: 2005-05-01 14:50

機動戦士ガンダムSEED DESTENY 第28話「残る命散る命」
Excerpt: 何か感想を書くのが嫌な回です・・・。 ついに種運命でもガンダムパイロットに死亡者が出てしまいました。その人物の名は・・・アウル・ニーダ(アウルニダー) 早すぎる死。本編で大して活躍もせずに散っていった..
Weblog: ぷらすまいなす研究所
Tracked: 2005-05-01 20:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。